無料で使用できるAfterEffectsのプラグインその2

(Pixflow) 「Motion Factory」

英語のクイックチュートリアルはこちら↓

 

5つのプリセット集で無料でも使用できますが、有料でプリセットを追加購入できるプラグインです。

機能.1 Particle Builder

RED GAINTのプラグイン「Trapcode Particular」のプリセット集。もちろんParticularを別途購入する必要があります。

機能.2 ActionFX Builder

パスで作られたアニメーションのプセット集。炎・煙・放電・エネルギー・爆発・ガンショット・リキッドなどが簡単にAeに組み込めます。ただし、リアルな表現ではなくアニメでの表現になります。

機能.3 Type Builder

テキストアニメーションのタイポグラフィパッケージ、Kinetic Typography、Minimal、Glitch、Broadcastingなど、17種類の高品質なタイトルから選択して使用。

機能.4 HiTech HUD Builder

Hi-Tech HUD Builderは、デジタルインフォグラフィクス、ホログラム、テキストアニメーション、スタイリッシュなトランジションエフェクトを備えたプリセット集、未来的な表現に最適。

機能.5 Glitch  Builder

100種類以上のさまざまなグリッチとデジタル歪みの13の高品質カテゴリのプリセット集、eスポーツの動画や近未来的な映像に最近よく使われるグリッチ効果。数は多いけどなかなか使う機会は限られるかな??

Motion Factoryのダウンロードページはコチラ。

 

無料なのでまずはダウンロードして試してみてください。

プリセットの追加購入は海外サイトのenvato marketからになります。注意点は追加購入するプリセットがAftereEffects用とPremierePro用で別々な点でしょうか。

間違えると互換性はないので注意して下さい。。

追加のプリセットは特殊なファイル形式で”.mfg”というデーターになります。購入するとZipファイルでダウンロードできますので解凍後にAeにてMotion Factoryのパネルを開いて.mfgデーターをドラッグ・アンド・ドロップして行います。